YUKI-YAMA's BLOG

サラリーマンの僕は、スキマ時間で何を考え行動するのか。趣味の投稿がほとんどだが、一応は収益目的で書いているブログなのである。

【スポンサーリンク】

誰でも動画を投稿できる時代に、動画もコメントも見てもらうために。

【スポンサーリンク】

Youtubeを始めた頃は今よりも気軽にチャンネル登録をしていました
でも最近はかなり吟味しています。
つまり、登録しすぎると視聴しきれないのです。
 
同様に私のチャンネルも、取捨選択される立場なのです。
視聴される方々みなさんが、時間に余裕が有るとは限りませんから。
 
趣味とはいえ、見ていただきたいから動画を投稿しているのです。
これは少し考えなければなりません。
 
以前は連日動画投稿をしていました。
途切れないように動画を上げていくこと、それがYoutubeのファンサービスだと思っていたのです。
 
でも、少し違うような気がしてきました。
本当のファンサービスは、内容のある動画を作ること。
この場合の「内容」というのは、「楽しい」「為になる」など、色々あると思います。
広い意味では「エンターテイメント性」と言えるかもしれません。
視聴者によってもその意味合いは様々ですが、少なくとも投稿者自身が内容があると思えること。
それが大事なのだと思います。
 
YouTubeは単に個人の放送局というだけではなく、人と繋がるSNSという場です。
見てくださったからには、無駄な時間と感じさせない工夫が必要だなと感じます。
 
少なくとも、動画の冒頭で「今日は特に何もないのですが」と言われると「じゃあ、何の動画なの?」と思ってしまいます。
たいした話は出来ませんよ、と言う意味の謙遜なのかもしれませんけどね。
伝えたいから話したい、伝えたいから動画を撮る、という感覚なので理解が出来ないんです。
 
話を戻しますが、連日動画をあげていた時期は、苦労することなく作ってアップしていました。
でも、内容的には日記の域を出ていなくて、自己満足なんですよね。
日記として投稿していたのも、自分への甘えでした。
日記だからどんな内容でもいいよねって。
 
もちろん、何だってかまわないんですよ。
YouTubeは本当に自由な表現の場なので、全然問題ないのです。
 
でも、自分自身の動画に違和感を感じてしまうようになりました。
自己満足からの脱却をしない限り、自然消滅してしまうんじゃないかなと。
 
繰り返しになりますが、趣味とはいえ、見ていただきたいから動画を投稿しているのです。
 
他のチャンネルに埋もれないように。
身近に感じてもらうだけではなく、必要とされる何かが欲しいのです。
 
そういう理由で、最近の動画作りが変わってきました。
数を上げるから、内容のある物へ。
些細なことはネタにしないようになったかもしれません。
 
さて、ここまでは動画投稿の話でした。
では、SNSでのコメントとかはどうでしょうか?
 
私はこう思うようにしています。
「いいね!」は「見たよ!」の意味。
「コメント」は「意見・感想・応援」であろう。
 
コメントを多く頂くようになると、すべてへの返信が困難になってきます。
基本的には全てに目を通し、返信するようにしています。
しかし、次の様なコメントには対応が異なります。
 
投稿内容に即したコメント
 →返信します。(現状では対応可能です。)
投稿内容に関係は無いが、スパムでは無いコメント
 →必要を感じれば反応。
挨拶のみのコメント
 →いいね!もしくは、反応しない。
意味のわからないコメント
 →反応しない。
投稿に関係のない話題のみの場合
 →反応しない。
スパムコメント・嫌がらせ
 →見ない、もしくは削除(状況に応じて運営に報告)
 
要は、私の投稿内容に即したコメントだと、お返事しなきゃと思うわけです。
 
私も意味のあるコメントをしないとダメだなと思うわけです。
 
動画もコメントも手紙のような物です。
意味の無い動画やコメントは、他に重要度の高い物があれば埋もれます。
 
埋もれてしまう存在にならないように、息の長い趣味にしたいと思っています。

【スポンサーリンク】
ロリポップ!レンタルサーバー!はあなたの「やってみたい!」を応援します!
ロリポップ!なら、ホームページ、ブログ、ネットショップ…
これらが今すぐ、そして簡単にできちゃう!
マニュアルやライブチャットを完備しているので、ホームページ初心者でも安心。
これだけついてるのに月額100円(税抜)~ととってもお得。
もちろん無料のお試し期間も10日間あるので安心ですね。

▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら