YUKI-YAMA's BLOG

サラリーマンの僕は、スキマ時間で何を考え行動するのか。趣味の投稿がほとんどだが、一応は収益目的で書いているブログなのである。

【スポンサーリンク】

中古購入のiphone6s バッテリー交換、Apple Storeや正規修理点がオススメ。

【スポンサーリンク】

なぜバッテリーを交換するの?

中古で購入したiPhone6sは、動作速度的には非常に満足しています。 ところがバッテリーの持ちが心細くて、昼過ぎには残量20パーセントという有様です。 これは私の使用状況にもよるとは思うのですが、やはりずいぶん消耗しているのかなと。

中古のスマートフォンを購入した場合、バッテリーの消耗は考慮しなければなりません。 今回は、事前にバッテリー内蔵のケースも頼んでおりました。

一体感も良く比較的薄型でスタイリッシュ、結構気に入ったデザインです。 スマートフォン本体の電池が怪しくても、これで帰宅時までは何とかなるのですけど、できることならスマートフォン本体の電池もリフレッシュしたいところ。

でも気になるバッテリー

当面はこの状態でも大丈夫かなとは思っていたのですが、不安的中! スマートフォンのバッテリー残量表示の挙動がおかしくなったのです。

朝7時に充電から外して3時間後の10時頃には、残量が10パーセントになりました。 これはいくらなんでもおかしすぎる。 仕方がないのでバッテリーケースから充電開始します。 すると10分後には98パーセントまで回復するのです。 そしてバッテーリーケース側のインジケーターは減っていません。

おかしい、怪しい、挙動不審!

これは、iPhoneのバッテリーが遂に最後を迎えているのかなと。 バッテリーケースを装着してはいますが、これでは安心して使うことができません。 ポケットの中で、勝手にバッテリーが消耗して着信できないという事態にもなるからです。 そうなると電話としては致命的です。

バッテリーを交換しなくては!

他メーカーのスマートフォンなら、裏のカバーを外してバッテリーの入れ替えが簡単にできるものもありますね。 でも、iPhoneや高機能スマートフォンは電池の交換ができない構造になっています。 少しくらい分厚くなっても良いから、交換できる構造のデザインにしてほしいというのが個人的な思いです。 でも最近は少し機械いじりの好きな方なら、ご自身でバッテリーを交換される方も増えたのかなと思っています。

安価にバッテリーを交換したい!

通販で汎用バッテリーって結構売っていますものね。 さて、商品を検索してみました。

お! 汎用バッテリーの世界では割と認知度のあるメーカーの「iPhone 6s用電池交換セット」が1,200円程度でありました!

早速注文!さあ、届くのが楽しみ!という気持ちのもとに、話を織り込んで撮った動画がこちらです。


*説明欄に訂正あり*[3分日記]パソコン、起動しました!なんとも恥ずかしい報告(^^;;

はい、嬉しそうに話していますが・・・・・。 すぐにコメントいただきました。 「個人がスマホを分解して電池を交換するのは技適に違反する。」とのこと。

まじですか!?

急いで調べて出てきたのが、このサイト。

wp.janpara.co.jp

なるほど、資格を持たない者が技適を有する製品を勝手にいじっちゃいけないということですね。

交換するのはバッテリーだけなのだけど、分解した時点で改造した物だという判断になり得るとの事です。

一応、日本の法律は守らなければなりません。

急いで訂正の意味でアップしたのが、この動画です。


[3分日記]技適問題 iPhone 6sはApple Storeでバッテリー交換へ

業者に頼まざるをえない!

となると、残された選択肢は2つになります。 Apple Storeで正規に交換してもらうか、その他の修理店で行うかです。

通常ならばApple Storeでの修理交換は12,000円程かかるので、他の修理店の方が6,000〜7,000円と安価です。 でも、今年一杯は3,200円で修理してくれるApple Storeの方が得です、得すぎます。

support.apple.com

また、手放す時のことを考えても、正規の修理交換の方がリセールバリューになる可能性さえあります。

ただ日数がかかるような気がしていたのですが。

日数がかかるのだろうなと敬遠していたのですが、すぐに払拭していただきました。 Apple Storeでも予約が取れれば、短時間で修理が可能とのこと。 これも動画のコメントで教えていただいたのです。 ほんとうにありがとうございました。

ネットで検索して、アップルのカスタマーから予約が取れます。 予約が取れれば当日修理完了! これなら仕事が休みの日に完結できそうです。

さらに無料で電池交換の可能性も出てきました!

同様にコメントで教えてくださったのは、iPhone 6sの初期搭載バッテリーの無償交換プログラムの存在です。 これに該当すれば、全く費用がかかりません。

当初考えていた、交換が数日+3,200円のイメージが、当日+無料に変わった瞬間です! 早速、該当機種かどうか調べてみました。

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム - Apple サポート

設定→一般→情報 シリアル番号をコピーして、調べてみると・・・・・。

残念、該当しないとのこと。

でも、まあ3,200円は、それでも安いので気にしないでおきましょう。

では、次に予約できる場所を探します。 希望としては心斎橋のApple Storeが良いのです。 待っている間に、日本橋の散策もできますし、何よりオフィシャルですから安心感があります。

こちらのサイト→ getsupport.apple.com 持ち込み修理の項目から予約できるショップを検索します。

幸いなことに、2日後の土曜の夕方に予約が取れました! もう、脇目も振らずにApple Storeでの交換を決定です!

持ち込む前には念のためにバックアップしておきましょう。 私の場合はPCに接続してシンクロさせておきました。 その後に、iPhoneを探すをオフにして修理に持ち込みます。

Apple Store心斎橋に到着!

16時の予約でしたが13分前には到し、分厚いガラスの螺旋階段で二階に上がります。 入り口で店員さんに申し出ました。

予約時間を8分ほど過ぎたあたり、1人の男性店員が私の名前を呼びながら店内を巡回しています。 こちらを向かれた瞬間に軽く会釈、アイコンタクトで私ですと伝えます。

店員さんはiPhoneを埋め込んだような情報端末を手にされています。 説明をする店員さんは、皆さん情報端末を手にされています。

親切丁寧に優しく、そしてわかりやすく説明してくださいます。

電池交換が無料になりました!

私のiPhoneの利用状況を調べると、なんと6sのバッテリ無償交換に該当するとのこと シリアル打ち込んで事前に調べたのですがね? 何か別のプログラムがあったのでしょうか。 結局3,200円の予算が無料になります、これは中古で購入した身としてはかなりありがたいです。

電池交換作業の前に、ご理解いただきたいお話があるとのこと。

水没したスマートフォンは修理できません。 水没に起因する動作不能は保証できませんし、有償でも修理もできません。 アップルでは水没したデバイスの使用を推奨しないということです。 後々どんなトラブルが起こるかわかりませんからね、ここは仕方のないところ。 水没したデバイスに関しては、アプリでは救済策は無いということです。

中古で購入したから前オーナーの使用状況がわからない。 新品なら自分の利用方法が把握できるのですが、それは購入費用とのトレードオフなので仕方ないです。

天国か地獄か現状維持か、引き取り時まで結果がわかりません、さてどうなりますか。 16時20分に説明終了

引き取り時間は18時20分以降でとの事、これがいつでも2時間かかるのかかというとわかりません。 私は16時予約でしたが、私の後に2〜3名が16時の予約だと申し出ていましたから、土曜ということもありかなり混雑していたという状況だからです。

Apple Storeの閉店時間は21時なので、20時30分までには引き取りに来てくださいとの事でした。

https://pbs.twimg.com/media/DVGTzsTVwAAaWOi.jpg:large

さて2時間、時間を潰して来ます。 少し距離がありますが、日本橋で初バーガーキング体験。 普段はマクドナルドなのですが、今回はたっぷり時間があるので、バーガーキングを試しました。 690円でこのボリュームはお得感満載。

https://pbs.twimg.com/media/DVGLk04U0AAaWUM.jpg:large

間食のつもりだったのに腹いっぱいになりました。 ゆっくり食べて、TwitterInstagramiPad楽天モバイル SIM 200kbpsで投稿しておりました。 メイン回線の楽天モバイル1MbpsはiPhone 6sに挿したまま修理出しましたからね。

Apple Storeで少し気になったところ。

店内で5分待つと不安になりました それは、客の呼び出し方法に起因します。 店員さんが、客の名字を「普通の会話の声量」で呼ぶのです 土曜の夕方ということもあり、店内は50名ほどの客がいてざわざわしています。 店内にはいくつかテーブルが置かれており、それを仕切りと捉えるならば通路は7つあります。 その7つの通路のうち、5通路くらいで呼びかけをやめているように感じました。 これは一度聞き逃すと終わってしまいそうな雰囲気です。 それは自分の順が、誰の後かという自覚を持つチャンスがないからです。 自分が呼ばれるまで聞き耳を立てておかねばなりません

呼び出しをされる方は1人ではありません、1人だけならその方だけを注意していれば良いのですが、複数いらっしゃってその方がそのまま説明をされるのです。 もう、店内中を注意しておかなければなりませんから、かなり気を使います。 丁寧な接客という点はとても素晴らしいのですが、結構気を使ってしまいました。

さて、話を戻しましょうか。

iPhone 6sのピックアップに戻ります!

引き取り時間が過ぎたのでApple Storeに戻ったのは18時37分。 階段上がってすぐに店員さんに引き取りの用紙を渡します。 店員さんは内容を確認しています。 用紙をまた返していただき、お渡しまで少しお待ちくださいとの事。 お渡し、つまり修理ができたのかという安心感が先になりました。

結果は!?

無事に修理完了。 特に問題なく、完全に無償で電池の交換が完了しました。

これは非常に有効な交換プログラムだと思います。 電池の初期不良の交換プログラムに対応するかどうかは、個々の端末によって違いますが、中古のiPhone 6sを購入した場合に、前ユーザが電池交換をしていなければ、結構お得な端末としても購入する価値はあるかもしれません。

最近はいろんな海外メーカーから格安のスマートフォンが出ています。 iPhoneを推すわけでは無いのですが、安定感のある中堅クラスのスマートフォンとしては、少し型落ちのiPhoneも良いのじゃないかと思います。

追加情報、水没したiPhoneはどうしようもないのか?

日本橋から心斎橋に歩く途中、普段立ち寄るじゃんぱらさんで聞いてみました。 じゃんぱらさんではiPhoneの修理も行っています。 Apple Storeで修理を断られたiPhoneじゃんぱらさんでは修理をしてくれますか?と言う問いに対して。

修理できますよとお答えいただきました。 それはじゃんぱらさんがアップル認定の修理業者ではなく、総務省認可の修理店であるという事です。

つまり、アップルの修理規定にかかわらず、水没したiPhoneでも電池の交換をしてくれるということです。

しかも店舗で購入したiPhoneであれば、安価で修理するサービスもあるとのこと。 これは案外、購入時に電池も交換してもらったほうが得かもしれません。 次回購入する際には、検討したいと思います。

編集後記

今回はいくつかの話分けようかと思ったのですが、結局1本にまとめました。 そういう書き方が性分に合っているようです。 あれこれ構成を考えている間に日数が過ぎてしまい、結局更新が滞ってしまう。 何も考えるな、思うがままに書き出せ! 格好つけるな。 そういう思考の吐き出し方が私の書き方のような気がします。 読みにくいかもしれませんが、性格そのままに書いてゆきますのでお付き合いくださいw

【スポンサーリンク】
ロリポップ!レンタルサーバー!はあなたの「やってみたい!」を応援します!
ロリポップ!なら、ホームページ、ブログ、ネットショップ…
これらが今すぐ、そして簡単にできちゃう!
マニュアルやライブチャットを完備しているので、ホームページ初心者でも安心。
これだけついてるのに月額100円(税抜)~ととってもお得。
もちろん無料のお試し期間も10日間あるので安心ですね。

▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら