YUKI-YAMA's BLOG

サラリーマンの僕は、スキマ時間で何を考え行動するのか。趣味の投稿がほとんどだが、一応は収益目的で書いているブログなのである。

【スポンサーリンク】

#大正区 唯一無二の地名はネット社会で優位。

【スポンサーリンク】

大正区、皆さんは御存知だろうか?

私はもちろん知っている。
自分の居住区だから。

この日本に「大正区」という区はいくつあるのだろう。
綿密に調べたわけではないが、ネット検索で出てきたのは「大阪市大正区」だけだった。

つまり、おそらく、日本国内で「大正区」は一つだけなのだろう。
ということは世界中で一つかもしれない。

なんという優位性。
ネット社会で唯一無二のネームは得をする。

例えば「中央区」「北区」「港区」などはどうだろうか?
ご存知かどうかは別として、複数実在している。

インスタグラム=インスタ映え、などというように、昨今は写真を撮ってネットに公開することが流行っている。

単にアップするだけではなく、関連性を持たせるために「#」ハッシュタグなるものをつけたりするわけだ。

ハッシュタグ「#」は、単語の頭につけるだけで、他の投稿と関連付けることが出来る。

概ね「インスタグラム」「Twitter」「Facebook」で使用できる、活用できる。
地元を盛り上げるにしても有効なマジックだ。

「#大正区」という文言を書くだけで、ずいぶんとアクセス数は違ってくるはずだし(多数で行えば)、やらないよりは遥かに良い結果が出るはず。

これが先に書いた複数存在する「区」だと話が違ってくる。
異なる区と関連付けられてしまうからだ。

地元活性化に誇大広告は逆効果。
実際にある出来事をネットに投稿することが、真実の大正区を知らせることになる。
飾らない、リアルな事を投稿するのだ。

それは、ほんの些細な出来事でもよい。
飾り立てずに、勘違いされない投稿をする。
それはどの地域活性でも同じだと思う。

一人ひとりの発信力、リアルな日常の風景。
思いのこもった写真や動画。

そこには派手な宣伝文句やキャッチコピーは必要ない。

一人の人間としての視線を共有することが、情報伝達としてリアルなのだ。
個々の思いを、ハッシュタグで繋ぐ。
生き生きとした情報発信は、そういうものだと思っている。

私も今後は、「#大正区」を使ってゆくだろう。
日本中には、他にも唯一無二の地名があるはず。

活用しない手はない。

【スポンサーリンク】
ロリポップ!レンタルサーバー!はあなたの「やってみたい!」を応援します!
ロリポップ!なら、ホームページ、ブログ、ネットショップ…
これらが今すぐ、そして簡単にできちゃう!
マニュアルやライブチャットを完備しているので、ホームページ初心者でも安心。
これだけついてるのに月額100円(税抜)~ととってもお得。
もちろん無料のお試し期間も10日間あるので安心ですね。

▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら