YUKI-YAMA's BLOG

サラリーマンの僕は、スキマ時間で何を考え行動するのか。趣味の投稿がほとんどだが、一応は収益目的で書いているブログなのである。

【スポンサーリンク】

ダイソーの100円商品、メイクシートとフェルトで動画合成可能な机上簡易YouTubeスタジオを作ってみた。

【スポンサーリンク】

以前にも数度行った事はあるのだが、気分次第の模様替えで撤去していた。 壁をレンガ調に したこともあったな。 こちらも3,000円以内で作っていたので、よろしければ参考に。 未だに多く再生いただいているDIY動画だ。


3,000円の簡単DIY工作!レンガ風壁のYouTube撮影スタジオが出来た!

今回は黒いガラステーブルに木目調のメイクシートを、一部の壁にクロマキー撮影用の緑のフェルト布を貼ることにした。

これも、サクッと短い動画にまとめているのでご覧いただきたい。


200YEN Cheap YouTube Studio!"DAISO Products"Remake Sheet”GreenBack Felt”

ガラスの机は工作するのに向いている。カッターナイフでもそのまま使えるから気に入っていた。 ただし、撮影時には反射・写り込みが気になって使い物にならないのだ。 なんとかアングルを工夫しながら撮影していたのだが、これではいろんな制約が生まれてしまう。

そこでメイクシート。

無地から木目調、レンガ調まで100円で入手できる。 裏面がシールになっている、手軽なリメイク部材だ。 今回はツルツルのガラス面に張ったが、多少ざらつきのある化粧合板でも貼り付けは可能。


100均DIY ダイソー リメイクシートをテーブルに貼ってみた

ただし、端の終いは剥がれないように注意した方が良いだろう。 あと傷には弱く、何かが引っかかると破れる傾向にある。 本来は天板のように雑務に使う部分に貼るのではなく、即板などの飾り部分のリメイクに使用した方が良い。 私は撮影ブースとしての場所なので、天板に張ったのだ。

これで、写り込みを気にせずに撮影ができる。

クロマキー合成

クロマキー合成とは、緑の部分(他色を充てがう時もある)に、別の映像をはめ込んで合成する技術だ。 特撮でも使う技術だが、知っておいて損はないし、今やiPhone/iPadのアプリでも可能だから試してみてほしい。 初めてやった時には感動すると思う。

使うアプリはこれだ。 App名: 動画編集-Perfect Video-動画作成,動画加工、デベロッパ: yinfeng tang ストアで参照していただきたい。

一番先に挙げた動画では、綺麗に画像が抜けていないし、手前の被写体の動きによっても抜け方が変化している。 これは、グリーンバックと手前の被写体が近すぎること。 そして十分な照明がグリーンバックに当てられていないからだ。 要はどんな動きをしても、グリーンバックの明るさに影響が出ないように注意すれば改善する。 実は撮影は失敗している。 カメラをフルオートで撮影したからだ。 被写体の動きに合わせてフォーカシングと明るさの補正を行ってしまっている。 それにより、背景のグリーンバックは明るさが微妙に変化しているのだ。

編集ソフト上では、どの色を抜くかを設定する。 その抜いた色(多少の誤差を指定はできる)しか抜かないので、明るさが変わってしまうと抜く色がなくなることがあるのだ。 グリーンバック合成は、フォーカスも露出もISOも固定のマニュアル撮影が望ましいだろう。 先に述べたように被写体と背景の間に十分な距離がある場合、そしてPCソフトの高機能なもので行う際はそこまでシビアではない。 でも、私はスマホアプリで編集するので、その点は注意したい。

安価に簡易的な撮影ブースを作ることで、いつでも撮影場所を気にすることがなく撮影にかかれる。 このメリットは非常に大きい。

あとは何を撮るか、それだけだ。

【スポンサーリンク】
ロリポップ!レンタルサーバー!はあなたの「やってみたい!」を応援します!
ロリポップ!なら、ホームページ、ブログ、ネットショップ…
これらが今すぐ、そして簡単にできちゃう!
マニュアルやライブチャットを完備しているので、ホームページ初心者でも安心。
これだけついてるのに月額100円(税抜)~ととってもお得。
もちろん無料のお試し期間も10日間あるので安心ですね。

▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら