YUKI-YAMA's BLOG

サラリーマンの僕は、スキマ時間で何を考え行動するのか。趣味の投稿がほとんどだが、一応は収益目的で書いているブログなのである。

【スポンサーリンク】

スマホで動画編集、音量はエンディングで決めろ!!

【スポンサーリンク】

YouTubeスマホで撮影し、編集から投稿まで行える。
本当に気軽に投稿まで出来るようになった。

今回は、スマホで簡単にできる、動画編集時の音量調整について書く。

聞きやすい音量を探せ!

YouTube上には様々な動画チャンネルがある。
みなさんも登録しているチャンネルが有るだろう。

その中で、今回は聞きやすい音量で投稿している動画を探して欲しい。
音が小さくて聞きづらい動画は、見ていてストレスがたまる。
つまり、そういう動画を作らないようにしたいわけだ。

あ!この人の音量は聞きやすいな。

音量を意識して配信している人、これは見ればわかる。

僕が手本にしている音量は、こちらのチャンネルの方々。
冒頭に流れるかもしれないコマーシャルの音量も含めて、まずは視聴いただきたい。
できればイヤホン(ヘッドフォン)で。

youtu.be

www.youtube.com

youtu.be

 

お聞きいただけただろうか。
いずれも、強調するシーンなどでは音量や効果音を変化させているが、基本トークの部分の音量はほぼ同じ。
これが、僕が手本としている音量なのだ。

さて、どうやって手本に音を寄せるのか。

パソコンの動画編集ソフトなら、音量のレベルゲージが表示される。
それで細かな調整もできるだろう。

でも、スマホの編集アプリでは耳で調整するのが主流だ。
一部のアプリでは、レベルゲージも表示されるのだが、僕自身はあてにならないと考えている。

耳で聞いて微調整するほうが向いているのだ。

基本の音量を含めたエンディングを作ろう。

オープニングじゃないの?

そういう声が聞こえそうだ。

オープニングを取り入れているチャンネルも多い。
でも、僕はオープニング不要論者。

視聴者はワンパターンのオープニングなんか見たくないのだ。
だから、エンディング!
エンディングには視聴のお礼とともに、自身のアピールもしておこう。
本編だけを見たい視聴者であれば、ココは飛ばしてみれば済むことなので負担にならないだろう。
視聴者が求めるものは何か、それを考えたらオープニングから始まる動画はありえないと思っている。

では、エンディング。

こんな感じで僕は作って、実際に使っている。

youtu.be

先に上げた動画の音量に寄せて、このエンディングを作ったのだ。
聴き比べていただきたい。
耳で聞く分には殆ど変わりはないだろう。
音質とかによって聞こえ方は違うが、少なくとも小さすぎる、大きすぎるなどはない。

撮影機器によって音のレベルは違うのだ。

カメラ、スマホ、もっと言えば同じジャンルの機器同士でも、マイクの集音能力は異なる。
つまり、動画の一部をカメラやスマホを織り交ぜて撮影すると、各々の音量が異なるのだ。
このバランスがそのままでは、聞きづらい動画になってしまう可能性がある。
音量レベルを調整して作ったエンディングが、全体の音量を調整する鍵となるのだ。

実際の編集で活かす。

iPhoneiMovie だと、こんな感じの画面になる。

f:id:yukiyamakun:20180904103900j:plain

画面最下段がタイムライン(撮影した動画を順に並べる部分)だ。
タイムライン上の右端がエンディングの動画、それより前(左)が本編になっている。

このまま再生▶を押せば、無加工の音量のまま再生される。

ここで本編とエンディングの音量を聴き比べるのだ。
エンディングの音量が基本値なので、それに合わせて本編の音量を増減させる。
できれば静かな環境で、イヤフォン必須で行いたい。

基準となる音量は、感で覚えているようでもズレは生じる。
その動画単体だと音量は全体にバランスが取れることもあるだろう。

大切なのは1本の動画の音量調整ではなく、チャンネル全体の音量だ。

お気づきだろうか?
ファンになってくれた視聴者は、自分の動画を続けてみてくれるということを。
特に再生リストを作った場合、連続視聴してくれる、もしくは勝手に再生される場合もある。

YouTubeの収益化が完了しているチャンネルだと、そこにコマーシャルも加わるワケだ。

つまり、各動画とコマーシャルの音量バランスがバラバラだとどうなるか。
視聴者は動画が切り替わるたびに、音量調整して聞くことになる。
できればそういう手間は省かせたいじゃないか。
視聴者はそういう細かいところに手間を掛けているか否か、そこを肌で感じとっている。
つまり、そこも審査対象になるのだ。

見やすい動画というのには当然画質もある。
ただ、音量も忘れてはならない要素だと考えておきたい。

かなりシビアに書きまくった気がするが。

要は自分が聞きやすい動画を見たいだけなのだ。
それが視聴者としての意識だと思っている。

配信者と視聴者の目線。
互いの気持ちを考えつつ、さて動画でも撮ろうか。

 

乱筆乱文、平にご容赦。

【スポンサーリンク】
ロリポップ!レンタルサーバー!はあなたの「やってみたい!」を応援します!
ロリポップ!なら、ホームページ、ブログ、ネットショップ…
これらが今すぐ、そして簡単にできちゃう!
マニュアルやライブチャットを完備しているので、ホームページ初心者でも安心。
これだけついてるのに月額100円(税抜)~ととってもお得。
もちろん無料のお試し期間も10日間あるので安心ですね。

▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら